エンボッサーについて

エンボッサーは便箋・封筒・写真・書籍などに刻印できるステーショナリーで、紙や板金などに文字や絵柄などを浮き彫りにするエンボス加工を施せます。エンボスパンチやシールプレスとも呼ばれます。

エンボス加工は紙にを加工する際に幅広く利用されていて、クレープ加工とも言います。インクを使わないで、紙に模様を入れたり、手触りを良くしたりします。書籍のカバーや、名刺などに会社のマークが立体的に浮き上がっているマークはエンボス加工されたものです。

エンボッサーを使えば、自分のオリジナルマークとして、また市販の便箋・封筒・カードに刻印すればオリジナルレターセットの出来上がりです。また、エンボッサー本体とカートリッジを別売りしているものならば、色々な柄を楽しむことが出来ます。






letterlife at 13:16│clip!筆記用具 | 便箋・封筒
おすすめの本
プライバシーポリシー