シーリングワックスとスタンプについて

シーリングワックスとシーリングスタンプについて

シーリングワックスとシーリングスタンプという名前は知らなくても外国映画などで目にした事のある方もいると思います。
手紙の封筒や文書に封印を施したリする時に、色付きの蝋を溶かして、真鍮製の刻印でぐっと押すものです。日本語では「封蝋(ふうろう)」とも呼びます。この封蝋があることで、手紙が開封されていないことが証明されるのです。蝋のことをシーリングワックス、刻印するはんこの様な物をシーリングスタンプといいます。

シーリングスタンプには、差出人個人や家系のシンボルが刻まれていて、差出人を証明する証にもなります。シーリングワックスで閉じている手紙の封をあけるとシーリングワックスは砕けるので、受取人が手紙を開ける前に別の人が開ければすぐに分かってしまいます。もしシーリングスタンプを精巧に偽造しても、もう一度同じように封をすることはかなり難しいです。

また、シーリングワックスにシーリングスタンプを押すのを忘れてしまうと、差出人本人が出した手紙でも受取人に信用してもらえない場合もあります。





letterlife at 19:26│clip!筆記用具 | 便箋・封筒
おすすめの本
プライバシーポリシー