国際文通週間について

国際文通週間を知っていますか。

国際文通週間とは、昭和32年(1957年)の第14回万国郵便大会議において「世界の人々が文通によって文化の交流に努め、世界平和に貢献しよう」という趣旨で、昭和32(1957)年の第14回万国郵便大会議において設定されたキャンペーンです。

日本では、そのキャンペーンの一環として、昭和33(1958)年以降、毎年、国際文通週間にちなんだ切手を発行しています。額面は、90円・110円・130円の3種類で、国際郵便における日本から各地帯あての手紙(定形)の最低料金額になっています。

国際文通週間の期間は、万国郵便連合創設記念日である10月9日を含む1週間となっています。毎年10月6日から12日が「国際文通週間」です。





letterlife at 15:42│clip!海外手紙 | 切手
おすすめの本
プライバシーポリシー