年賀状の返事と内容について

年賀状の返事は出来れば届いたらすぐに出したいものです。しかし1月6日になっても年賀状が届く場合の返事はどうすればよいのでしょうか。

年賀とは一般的に1月7日(松の内)までのことをいいます。ですので1月6日にきた年賀状に返事を出すなら、年賀ではなく「寒中見舞い」にした方が良いでしょう。寒中見舞いは立春までなら大丈夫ですし、もし立春をすぎたら、「余寒見舞い」としてだします。

また年賀状には相手が不快に思う言葉は出来るだけ書かない方がよいでしょう。「昨年は体調を壊して…」などと書かれても送られた方は、新年早々暗い気分になってしまいます。また自分では相手を思って書いたことでも相手にとっては負担に感じることもあるので気をつけましょう。例えばなかなか赤ちゃんが出来ない方に、「今年こそは赤ちゃんを…」など。

年賀状は送る相手だけでなく、家族も見る場合があります。冗談で済まないようなことは年賀状には書かないようにしましょう。また不祝儀に関すること(弔事・法事・離婚・倒産・廃業など)は避けるようにしましょう







letterlife at 14:46│clip!年賀状 | 国内手紙
おすすめの本
プライバシーポリシー