年賀状の始まりについて

年賀状のはじまりはいつから?

なんと年賀状は平安時代に始まったそうです。貴族の間で、新春に詩歌を詠んでやり取りしたのが一番始めのようです。平安時代の学者、藤原明衡が著した手紙の模範文集「雲州消息(うんしゅうしょうそく)」に年始あいさつ状の文例があり、これが現存する最古の年賀状らしいです。

さらに江戸時代には、諸大名が三日に年始の挨拶状を将軍に届けさせていたそうです。また下級武士や商人などにもそういった挨拶状が浸透して、遠く離れた親戚や知人に年始の書簡を書いて送る習慣があったそうです。

現在の年賀状は、明治7年(1874年)に年賀葉書が発売になったことにより、年頭の挨拶に使われるようになりました。昭和24年(1949年)に始めて「お年玉つき年賀はがき」が発売され、年賀状はますます盛んになりました。



letterlife at 08:54│clip!年賀状 | 国内手紙
おすすめの本
プライバシーポリシー