封筒の表書きと裏書き

和封筒(一般的な茶封筒のように縦書きになっている封筒)の表書きと裏書

表書き・・住所は1,2行に収まるように書く。市町村名やマンション名が途中で切れないように1行目より少し小さく書く。数字を書くときは漢数字で。
宛名は中央に住所より大きめの字で書く。敬称は個人の場合はほとんど「様」で大丈夫です。
裏書・・差出人の住所を裏に書く時は、継ぎ目の右側に住所、左側に氏名を書くのが正式とされています。郵便番号も忘れずに記入しましょう。
封じ目には「〆」「締」「封」などの文字を書く。慶事のときは「寿」や「賀」を使うと良い。封をするときは、セロハンテープやホッチキスでとめない方がいいでしょう。

洋封筒の表書きと裏書き
表書き・・封筒の開封口を上にして左上から宛先を書いて、切手は右上に貼ります。和風等と同様に住所は1,2行でまとめます。郵便番号は左上に記入。「〒」は省いても大丈夫。
裏書き・・洋封筒を横書きで使う場合は封じ目の文字は省いても大丈夫。親しい相手ならシールでもいいですね。横書きの場合、差出人の住所・氏名を封筒の下1/3におさまるように書きます。



letterlife at 05:29│clip!便箋・封筒 | 国内手紙
おすすめの本
プライバシーポリシー