絵手紙の道具

さあ、絵手紙を描こうとしてもいったい何を用意したらよいのでしょうか。絵手紙に使う道具ってどんなものでしょうか。

絵手紙は、基本的に自分らしさがでればよいので、特に必要な道具や描き方に特別な決まりはありません。自分の思ったように、思った道具で描いて全然問題はありません。筆や墨を使うことが多いですが、小さいお子さんが絵手紙を書くならば、色鉛筆やクレヨンで自由に描いてよいと思うのです。

ただ、趣味などとして大人が絵手紙を始めるのに、最初に用意したらよい道具もあります。
・用紙 画仙紙はがき、和紙など
・顔彩 日本画の絵具、16〜18色セットがお勧め
・青墨 習字用の墨ではなく、青墨(松煙墨)淡青灰色
・硯  書道用のものでよい。
・筆  輪郭を描く線描筆や彩色用の彩色筆の2本。書道用の小筆でもよい。
・その他
    筆巻き、筆洗、絵具を混ぜる梅皿か絵具皿。姓か名の印。

絵手紙の道具類は、書道専門店や日本画専門店、文房具売り場に売っていますし、初心者用の(PHYS絵手紙セット)なども通信販売で購入することもできます。


letterlife at 06:01│clip!国内手紙 | はがき
おすすめの本
プライバシーポリシー