海外へのカードの送りかた

日本人が暑中見舞いはがきや年賀状を送ることを習慣としているように、外国の人たちはクリスマスや誕生にカードを送り合います。日本人同士でも最近は気軽にメールやカードを贈り合ったりしますね。

日本国内でカードを送るときはあまり気にしていないことですが、海外へカードを送る場合には気をつけてもらいたいことがあります。

クリスマスカードや誕生にカードは、お祝いの言葉と自分のサインを記入して送りますが、そのお祝いの言葉が5語以内ならば、印刷物扱いで送れるので料金がわずかですが安くなります。ただし、カードの書き添える言葉が5語以上の場合はグリーティングカードに、そして手紙を同封すると書状扱い(普通の手紙)になります。

印刷物としてカードを送るなら、封筒の左下にPRINTED MATTERと記入して、中身が印刷物と分かるように開封にします。ふたの部分を封筒の内側に差し込んでおきます。糊付けしてしまうと印刷物ではなく、グリーティングカードになります。

よく海外に送られるクリスマスカードは国によって差出の締め切り日があるので確かめて送るように注意しましょう。

letterlife at 05:45│clip!海外手紙 | カード
おすすめの本
プライバシーポリシー