切手の貼り方 

手紙を書き終えて封筒にいれて、宛名もきちんと書いてから、いざ切手を貼ろうとすると宛名と切手のバランスが上手くいかないことはないですか。

通常切手のサイズは縦2.6cm×横2.2cmと小さめですが、記念切手のサイズは、少し大きめのものや変形切手と呼ばれる丸い形や三角の形のものなど様々です。手紙を送る相手に合わせてせっかく素敵な切手を選んだのに、大きさによっては宛名にかぶってしまうことがあります。

封筒をムダにしないために、一番最後に切手を貼っても良いのでしょうが、宛名を書く前に切手を仮に置いて見ると失敗がないでしょう。

封筒やはがきを一枚のキャンバスと考えて切手を貼るときは、見た目にも美しく飾るようにしたい物です。切手を貼る位置は決まっていますが、宛名と切手のバランスにも注意しましょう。





letterlife at 06:02│clip!切手 | 便箋・封筒
おすすめの本
プライバシーポリシー