手紙を記念日に届けたいとき

友達の誕生日やバレンタイン、母の日・父の日などの記念日に手紙を届けたいと思ったことはありませんか。

料金は少しかかりますが、指定した日にちに手紙を届ける方法があります。それは「配達日指定」です。平日は通常の手紙の代金にプラス31円、休日はプラス210円。例えば定型と呼ばれるごく普通の手紙なら82円切手に指定日配達料金31円をたして113円です(平日配達のとき)。ちなみにゆうメールの場合は、プラス51円です。郵便局に「配達日指定シール」が置いてあるので、そのシールに日付と曜日を赤色のペンで記入します。
料金の差が大きいのは普段は通常の手紙は休日には配達がないからなのです。(土曜日は平日)

誕生日カードをその当日に受け取ってもらいたい場合や、プレゼントと一緒にその日に届けたい時等に便利ですが、残念ながら海外への手紙に配達日指定はできません。

そして日にちを指定するためには原則として、差出日の翌々日から起算して 10日以内の日でないといけません。例えば2月14日に手紙を届けたいならば、2月12日に差し出さないと間に合いません。

また普通の手紙を、1月1日に届くようにしたい場合は「年賀」と封筒の表に朱記すれば 年賀状と同様に元旦に届きます。
年賀はちょっと特別ですね。

letterlife at 14:53│clip!国内手紙 | 年賀状
おすすめの本
プライバシーポリシー