手紙とお金を一緒に送りたいとき

お祝い事やお悔やみの手紙などと一緒に現金を送る機会があると思いますが、どうやって送ればよいか知っていますか。

普通の封筒に現金と手紙を入れて送ると郵便事故となってしまいますので、送ってはいけません。万が一送ってしまった場合は差出人が郵便局に呼び出されて厳重に注意され、場合によっては罰金を支払うことになります。きちんと現金書留封筒に入れて送るようにしましょう。現金書留封筒は郵便局で20円で販売されています。

結婚お祝いなどの場合はのし袋が大きい場合がありますが、現金封筒も定型サイズより少し大きめの物も20円で売っています。最低料金が基本料金が120円+書留量420円=540円になります。水引が豪華な物だったら定型サイズの現金封筒には入らないのでこの大きめの現金封筒を利用すると良いでしょう。

ただし現金書留は50万円までしか送ることができません。また、海外に日本の現金(硬貨、お札)を入れて送ることも禁止されています。

letterlife at 14:09│clip!国内手紙 | 便箋・封筒
おすすめの本
プライバシーポリシー