寒中見舞いについて

寒中見舞いについて

寒中見舞いは、日本の慣習の一つで、二十四節気の小寒(1月5日頃)から立春(2月4日頃)までの寒中に行うお見舞いです。旅行などで出かけていて年賀状の返礼ができなかった場合や喪中でこちらから年賀状が出せない場合にも使います。

寒中見舞いの利用法
・一般的な寒い季節のご挨拶として
・年賀状の返礼を松の内(1月7日)に出していない場合
・喪中の方へのごあいさつとして
・不幸を知らずに年賀状をくださった方に欠礼をお知らせ
・喪中の方に知らずに年賀状を出してしまった場合

寒中見舞いを出すときにあまった年賀状を使うのは失礼ですのでやめましょう。通常はがきを使っても良いですが、切手の柄が落ち着いている胡蝶蘭のはがきを使うのがお勧めです。



letterlife at 05:27│clip!国内手紙 | はがき
おすすめの本
プライバシーポリシー