絵手紙について

絵手紙は、手紙の種類のうちの一つです。

基本的には封筒に入れて送る手紙ではなくて、はがきの裏面に動植物の絵を描いたり、季節感のある絵や風景を描いてそこに短い一文を添えるのが、絵手紙です。絵の部分がほとんどで文は添え物という感じになります。
様子を知らせるための手紙ではなくて、絵手紙を送る相手に絵を楽しんでもらうことを趣旨としています。

最近の手紙やはがきはワープロや印刷で済ませることが多いですが、絵手紙は手書きにこだわって描くものです。多少下手でも、それはそれで「味がある」絵です。絵の技術はそんなに重要視されませんし、絵手紙に添える文も短めなかことから、中高年層を中心に趣味の一環として絵手紙は広まっています。
絵手紙の通信講座も多数開かれています。

いざ便せんやはがきに向かって普通の手紙を書こうとすると、少しあらたまった感じになりますが、絵手紙ならば気軽に描くことができます。文章が苦手で絵が好きな人にはもってこいでしょうね。

letterlife at 06:03│clip!絵手紙 | はがき
おすすめの本
プライバシーポリシー