暑中見舞いの豆知識

暑中見舞いはがきの暑中や残暑っていつのことでしょうか?

暑中とは、7月上旬の「小暑」から8月上旬の「立秋」の前日までをさします。立秋を過ぎた8月末までは残暑見舞いになります。9月頭にくじの抽選があるので、それまでには暑中見舞いはがきは投函した方がよいでしょう。

基本的に暑中見舞いには何を書けばよいのでしょうか?
特に決まりごとがあるわけではありませんが、

季節の挨拶
先方の健康を尋ねる(祈る)
自分の状況を伝える一文

を添えるとよいでしょう。そして先方に涼しさを伝える気持ちで書くのがポイントです。時期が重なるのでお中元の送り状を兼ねて暑中見舞いの挨拶をしてもよいでしょう。

季節の挨拶の言葉
7月:盛夏の候・本格的な夏が来ましたね・海や山の恋しい季節です・夏休みももうすぐです
8月:残暑の候・暦の上ではもう秋ですね・残暑厳しき折・暑かった今年の夏

ちなみに6月15日は、暑中見舞いの日です。1950(昭和25)年6月15日に始めて書中見舞いはがきが発売されたことによるものだそうです。






letterlife at 16:25│clip!はがき | 暑中見舞い
おすすめの本
プライバシーポリシー