海外へのハガキの書き方

海外へはがきを出すときに注意しなければいけないことがあります

あて先を書く場合、はがき表面の半分以上は宛先を記入するためにあけておかなくてはいけません。半分以上通信の文章を書いてしまうと、海外へ封書を出す場合の料金が必要になります。
通常海外へハガキを航空便(エアメール)で出す時の料金は70円と均一ですが、それ以上の料金がかかってしまうのです。

目いっぱい文章を書きたい場合は絵はがきではなくて普通の郵便はがきを使って半分から上に宛先を記入して、下部分に文章を書き、さらに裏面にも文章を書いたらいいのではないでしょうか。

エアメールの表示を忘れてしまうと、船便(シーメイル)になってしまうので、相手に届くまでに2ヶ月近くかかってしまいます。ちなみに船便(シーメイル)の料金は60円です。

おすすめの本
プライバシーポリシー